無理に痩せようと思う人が最近では非常に多くなっています。 これは肥満の増加とともに社会的問題になっていますので、特に若い女性が食事制限や健康に害を及ぼすまでの無謀なダイエットをしてしまうことが多くみられます。 ここでは痩せている方が美しい、あのモデルさんみたいに、絶対にもっと細くなりたいという小学生や中学生が多くなっているのです。 この時期は成長過程にありますので、そんな時にしっかりと栄養を摂取できない事は非常に危険が伴います。 どうしてもこのようなホルモンのバランスが崩れてしまったり何らかの障害がどこかに出てしまうでしょう。 ですから、周りの環境がそれをさせないようにと言うよりはしなくていいように、これから更に仕向けていかなくてはいけません。 不健康でも細かったら美しいと言う考えを撲滅させなくてはいけないのです。 つまり過去の統計のアンケートやデータによるとなぜならその様な事が原因で、この影響で過食症や拒食症にここではなってしまいます。 ある意味でこれは、寧ろ極端な例では万が一の時には過去の例としても死亡してしまう例もあるからです。





無理なダイエットが肉体的にも精神的にも与えるメンタルのストレスは非常に大きくなります。 その状態で続けていくことは非常に危険です。 なかには暴飲暴食を繰り返してしまったり、飲酒や喫煙に走ってしまう人もかなりいます。 そうなると健康的な身体を作ろうとやっている事が水の泡になってしまいます。 ですからまず根本的な考えをしっかりと持つ所から始めましょう。 まず、すぐには痩せることはできない、仮にできたとしても、それはあまり良い方法ではないのです。 すぐに辞めた方がいいというような考えを持ちましょう。 このように心も含めて健康でなければいくら細くても美しくはないというような見解が特にあります。 成長期で減量を行う事は体にとって悪い影響がある事を教えてあげましょう。 そうすることで本来の食事、睡眠、プールでの運動をバランスよくしっかりとできることが大切です。 一番最終的には効果があり意味があるものだと言う事を理解する必要があります。

TOP
ダイエットと運動は期間
トレーニング
エクササイズ