付き過ぎた脂肪は身体に悪影響をおよぼすということは、ほとんどの人が知っていることです。 しかし太っていることが原因なら、ある程度気づけるのです。 脂肪が付く場所によってはまったく最後まで気づかずにいるというものがありますが、それが所謂、肝臓に脂肪が付きすぎる脂肪肝です。 脂肪肝はその名の通り、やはり肝臓に脂肪が溜まることで、機能が損なわれてしまうというものです。 この病気の面倒なところは、自覚症状がほとんどないというところだといけません。 誰だって現実的には思われますが、健康診断で血液検査をしたときに、はじめて気づくという例がほとんどです。 これが結果的に脂肪肝になると、身体がだるいと感じることや食欲がなくなるといった、このように結局は肝臓病の症状が場合によっては現れるので充分に気をつけてください。





脂肪肝になる原因は2通りあります。1つはアルコールを摂取し過ぎです。 これはいわゆるお酒の飲み過ぎが原因です。 もう1つは非アルコール性の脂肪肝で、こちらは脂や糖分の多いバランスを欠いた食生活や、運動不足が原因で脂肪が溜まってしまうことが、ここでは一番の原因となっています。 こちらの脂肪肝は、悪化すると脂肪性肝炎になってしまうこともあるので、とても、この状態には気をつけなければいけません。 脂肪肝は運動や食事療法で治療することができますので、一度発症したら治らないというものではないので、安心してください。 しかし一度脂肪肝になると、治るまでかなりの時間が必要になるのです。 結果としてそうならないように切磋琢磨し努力しましょう。 そして絶対に命に関わるようなことはないとはいっても、不健康なことには違いがないので充分にチェックをし気をつけましょう。

TOP
脂肪腫
脂肪を落とす
デトックス
酵素の力
体に必要な栄養素
トレーニング
太る原因